サングリアで楽しむスペインの本格派「リオハ・ワイン」

 

本格派サングリアのルーツ

スペインでは日常的に親しまれている、夏のフレーバードリンク「サングリア」。赤ワインをベースに色とりどりのフルーツが浮かび、見た目の華やかさと甘いさわやかな飲み口で、暑い季節を楽しく過ごさせてくれる魅力的な飲み物だ。

サングリアのルーツはヨーロッパにて昔から人気のあった伝統的な赤ワインパンチをベースにつくられたことからはじまった。元々使われていたパンチのベースはボルドー産赤ワインの「クラレット」。これはイギリスで軽めの赤ワインを指す名称。

このクラレットは主にカベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルローのブレンドから作られているワインで、このクラレットをベースに香り付けでブランデーとフルーツが追加されサングリアの元となるレシピが生まれた。

1700年から1800年代にかけてヨーロッパではあらゆる規模のパーティーにてこのクラレットベースのパンチが出されたことが記録されている。当時の著名なイギリスの小説家、ジェーン・オースティンの小説の中のヒロインの飲み物としても出ている。

 

 

当時のヨーロッパではワインは水より日常的な飲み物だった。その頃の真水はほとんど飲める状態でなく、菌が含まれるアルコールの方が安全だったことがひとつの理由。

ほとんどの世帯は地元の果実や果物からワインをつくっていた。そのワインに香辛料や果物、その他のアイテムを追加して違う風味を与えることで、「ライフスタイルを活気付ける」ことはとても自然なことだった。

現在はスペインを拠点に世界中のパーティードリンクとして定番でレシピも数多く出ている。赤ワイン、フルーツジュース、ソーダ水、新鮮な果物、時にはブランデーから作られている。

 

スポンサーリンク


 

本格的なスペイン風味にするなら「リオハ・ワイン」

手作りの場合はリオハ・ワインを使用すれば本格的なスペイン風味になる。リオハはスペインでは最上ランクの格付けがあるワインの生産地。

リオハ・ワインのベースとなるのはほとんどがテンプラニーリョ種で現在は約8割を占めている。テンプラニーリョはスペインの大半の黒ぶどうより早く熟すことから、スペイン語のテンプラーノ(早熟)にちなんで呼ばれている。はるか昔の古代からイベリア半島で主に栽培されており、カシスやいちごのような香り高いフルーティさが特徴的。

サングリアはできるだけリオハのような良質な赤ワインを使用し、可能であれば一晩冷やすことによりフルーツのフレーバーが良い感じに溶ける。

サングリアとして既にミックスされているものも美味しいが、あなたの好きなワインや果物が試せるのもサングリアの魅力。

 

「サングリア・レシピ」動画

 

 

「本場のリオハ・赤ワイン」取扱ショップ

 

 

 

 

逸品世界のセレクト”Earthly World”

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA