シャンパンの街「ランス」に因んだシャンパンの銘柄

 

 

シャンパンの本場「ランス」

パリから電車で45分程の位置にあるシャンパーニュの首都「ランス」。シャンパンの本場でありフランス国王の戴冠式が行われていたユネスコ世界遺産「ノートルダム寺院」や、戴冠式の際の宿泊に使われていた「トー宮殿」などの歴史的建築物が数多く見られる芸術的な街。

この街には伝統を誇る世界的シャンパンメーカーが集まっており、日本でもメジャーな「ヴーヴ・クリコ」、「ポメリー」など数社でメゾンの見学ができる。メーカーによってプログラムは異なるが、シャンパンの原料の収穫から製法、ボトリングなどの説明を聴き、セラーの訪問後、シャンパンの試飲を楽しみ、シャンパーニュ平野にある広大な葡萄園を眺めるなど、非日常なシャンパンの世界が体験可能で現地のオプショナルツアーで参加できる。

ランスにあるシャンパンのブティック「Tresors」ではシャンパン職人が選りすぐった170種以上のシャンパンを提供。テイスティングにも最適な場所で、購入した銘柄については生産の起源や歴史などをもっと知りたくなるような、シャンパン愛好家にとってはとても魅力的なロケーションだ。

 

スポンサーリンク


 

 

世界中で知られているランス発祥の銘柄

今回はランス発祥のシャンパンの中から特徴的な銘柄をピックアップ。

黄色いラベルで有名な「ヴーヴ・クリコ」は創業200年以上の歴史があり、現在はモエヘネシー・ルイヴィトングループに属している老舗メゾン。その昔、若くして未亡人となったマダム・クリコがシャンパンの葡萄園を引き継ぎその後、紆余曲折を経てブランドを拡大しフランスを代表する世界的なメゾンへと成長。手頃な価格で高級銘柄が楽しめる人気のシャンパン。

「ポメリー」は1836年に創業し、マダム・ポメリーにより世界ではじめてブリュットと呼ばれる辛口のシャンパンが開発されたことで有名な銘柄。ランスの中心にあるカーヴ(貯蔵室)は地下30メートルにもおよび、世界遺産に登録され観光名所となっている。

「テタンジェ」は1734年に設立されたメゾンで、世界中の一流ホテルやレストランで必ず目にする銘柄。本拠地はランスにあるサンニケーズの丘にあり、歴史あるアールデコ様式のセラーの見学に毎年多くの人々が訪れる。原料の白葡萄の品種であるシャルドネの広大な畑を持っており、香り高い最高級のシャンパンが味わえる。

 

「ヴーヴ・クリコ」

 

「ポメリー」

「テタンジェ」

 

「テタンジェのセラー見学」動画

 

スポンサーリンク


 

シャンパンの楽しみ方

シャンパンを楽しむひとつの例として、シャンパン用のフルートグラスではなく白ワイングラスに注いでみると、グラスの口が広い分アロマの香りが広がってシャンパンの複雑さを味わうことが出来る。定番のフルートグラスはシャンパンの泡の流れを綺麗に見せてくれるが香りは制御される。香りとビジュアル、今日の気分で選んでみよう。

一般的にシャンパンは食前酒として楽しむというイメージがあるが特に決まっている訳ではない。食事中もシャンパンを楽しもう。シャンパンは肉や魚、グリルした野菜、リゾットなどの食品と美しく調和し、今までに味わったことのない新しい味を引き出してくれる。

そしてシャンパンは決して特別な日だけのものではない。ボトルを空けることによって特別な時間を演出し、自身をアップデートできる逸品。冷蔵庫にとっておきのシャンパンがある場合はいつでもチャンスなのだ。Celebrate life every day!

 

 

 

「ランス発シャンパン」取扱い店

 

 

 

 

 

 


「ヴーヴ・クリコ」動画

 

ライフスタイルの逸品世界 ”Earthly World”

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA