ボトルデザインで選ぶ「ソラン・デ・カブラス」の水

 

 

持ち歩きたくなる感覚のペットボトルデザイン

日常で持ち歩くアイテムの定番のひとつ、ミネラルウオーターのペットボトル。

デザインで持ち歩くペットボトルという感覚の「ソラン デ ガブラス」は、澄んだブルー色と個性的でお洒落なフォームが特徴的なスペイン産ミネラルウオーター。

ビジュアル的なイメージからスペインではファッションデザイナーや音楽イベントなどのコラボレーションも多く、海外では限定デザインも多数企画されている。サッカーチーム・レアルマドリードの公式ミネラルウオーターでもあり、鮮やかなブルー色はスポーティーで躍動感を感じさせる魅力。

 

 

遥かローマ時代の伝説の水

「ソラン デ ガブラス」とはスペインの「ブタ・エン・ラ・セラーラ・デ・クエンカ」にて湧き上がる泉のこと。この地に湧き上がる水は地上に降った雨水が400年の長い年月を経て澄んだ湧水になったもの。遥か昔のローマ帝国時代にはソラン デ ガブラスの泉は王族に重宝されたという伝説がある。神聖な泉から湧き出る水の純度が、美しいデザインに象徴。

ブルー色のボトルは中身の水を紫外線から守る効果もあり、飲み口も一般的なペットボトルよりも広くなっており飲みやすいのがグッド。ボデイの形状からバッグの中にもスマートに収まりやすい逸品。

 

「ソラン デ ガブラス」プロモーション動画

 

スポンサーリンク


 

ソラン デ ガブラスの生まれた町、クエンカ

ソラン・デ・ガブラスの生まれた町、クエンカは世界遺産の町。スペイン旅行の人気観光地でもあり、ユネスコ世界遺産に登録されているレトロな建築物が数多くある。

ここはウカエル川とフカール川という2つの川の深い峡谷にある高台に造られた断崖絶壁の町で「空中都市」とも呼ばれている。古いゴシック様式建築のクエンカ大聖堂(トップ写真)は1196年から建築がはじまり、現在も未完成のまま。

この町を象徴する名所「宙吊りの家」など、独特な世界観が味わえる町。遠い昔からソラン・デ・ガブラスの水はこの町と共に神聖な歴史を歩んでいる。

 

 

「ソラン デ ガブラス」取扱店

 

 

 

ライフスタイルの逸品世界”Earthly World”

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA