英国プライシズの本格派消臭キャンドル

フレッシュで崇高な香りを楽しむキャンドル

室内を消臭、英国式の香りで包むキャンドル「プライシズ」。空気を汚さずに悪臭をリフレッシュする本格派消臭キャンドルだ。オレンジやタイム、バジル、ゼラニウムなどのナチュラルで上質な香りが炎とあわせて空間も演出。

イギリスのベッドフォードに拠点を置くプライシズの企画・デザインチームは、ロンドンのファッションシーンに接触している。プライシズのデザイナーは、キャンドルがファッショナブルなインテリアコーディネートの一部であることを意識している。

これらのキャンドルは自然光ではなく、美的、香り豊かで高度にデザインされたオブジェクトだ。

 

 

空気を汚さずに消臭する特許技術のキャンドル

プライシズのキャンドルには、悪臭の分子構造を人間の鼻で気付くことができないレベルまで変形させる「Odourfoyl(オドールフォイル)分子」という特許成分が含まれており、空気を汚さずに悪臭を元から改善してくれる。臭いをより強い香りでかぶせて消すマスキングキャンドルとは全く異なる。

そして消臭と同時に英国式の崇高でフレッシュな香りが広がる。Odourfoyl(オドールフォイル)分子により点火しなくても不快な臭いを消臭する効果も。

 

スポンサーリンク


 

英国で180年以上の歴史を持つキャンドルメーカー

「プライシズ」の特許を持つキャンドルカンパニーは創業者ウィリアム・ウィルソンが1830年にスリランカのココナッツからろうそくを作るという奇抜なアイデアで出発し、180年の歴史の中でキャンドル業界を変えてきた。

1840年にはヴィクトリア女王とアルバートの結婚式に使用され、現在まで長期にわたり「英国王室御用達」のキャンドルとして数多くのイギリスの国家行事にも使われている。売上高は1991年から1998年の間には5倍に増加し、同社は300人以上の従業員を抱えるイギリス最大のキャンドルメーカーとなった。

2001年に原材料の高騰と市場の競争などにより、製造元のキャンドルカンパニーはイタリアの会社に買収される。現在は本社と流通センターをイギリスのベッドフォードシャー州に置き、キャンドルの製造はイタリアで行われている。

最近では21世紀のパーフェクトなキャンドルを目指して創業時の原料であるスリランカのココナツから植物性のステアリンを原料とした環境にもやさしいキャンドルの研究が進められている。これは再生可能な資源であり、将来的なキャンドルの材料として有力である。

正統派キャンドルメーカーの歴史は原点に戻り、世界中に高品質なキャンドルを提供し続けている。

 

 

「プライシズ」取扱店

 

 

 

 

 

 

ライフスタイルの逸品世界”Earthly World”

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA