旅のお供に選ぶ「トロッター」のスーツケース

 

旅の楽しさを演出する、存在感のあるスーツケース

旅を共にするパートナーでもあるスーツケースの選び方は好みのデザインとカラーが第一で、次に頑丈さや軽量かどうかといったところ。そして外せないのが旅の楽しさを演出する存在感があるかどうか。それらの条件をクリアするのが英国伝統のグローブトロッターのスーツケース。

グローブトロッターは1897年にドイツのザクセンにて英国人のデイビッド・ネルケンによって創立された高級ラゲージのメーカーで、1901年には英国に会社を移し東イングランド、ロンドン北にあるハートフォーシャー州ブロックスボーンの街にてハンドクラフトでつくられている。

世界的に有名でスタイリッシュなスーツケースは、イギリスの政治家ウィンストン・チャーチルやエリザベス2世、探検家ロバート・ファルコンなど著名な顧客のリストがあり、創立から100年以上経った今も世界中のファンに支持され続けている。

 

スポンサーリンク


 

本格派クオリティへのこだわり

上質なスーツケースは元々は世界中を旅した探検家に使用されていた。1953年には著名な登山家エドモンド・ヒラリーがエベレスト登頂時にも使用し、探検用としても支持される程のクオリティを証明。それはヴァルカン・ファイバーという1850年代にイギリスで発明された特殊仕様のペーパーを何層にも重ねた非常に頑丈なオリジナル素材でできている。

角のレザーコーナーはグローブトロッターのスーツケースの特徴。クオリティを維持するために徹底してハンドクラフトの少量生産を続けている。ブロックスボーンの町にて昔ながらのアンティークミシンでひとつずつ熟練の職人が縫い上げる。

 

イギリスの美しい伝統と重なるスーツケース

ちなみにハートフォードシャー州はベッカムをはじめとする著名人の高級住宅地で知られている。

ケンジントン寄りの「Benington Lordship Gardens」という絵のような村には、ハートフォードシャーの田園地帯の澄んだ眺めと、そこにあるノーマン城と堀の跡、美しいイギリス伝統のジョージア様式のマナーハウスを見ることができる。

イギリスの美しい伝統や景色と重ねながら、「世界中を旅する人」がテーマのイギリス職人のハンドクラフト・ラゲージで、密でワクワクする旅を演出しよう。

 

 

「グローブトロッター・スーツケース」取扱店

 

 

スポンサーリンク


 

 

ライフスタイルの「逸品世界」 ~Earthly World~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA