南フランスの「レモンの街」を体感するフレグランス

 

地中海とレモンの街、ニース・マントン

南フランスのコートダジュールにある街「マントン」。イタリアの国境添いにあり地中海に面した美しい景色や、亜熱帯気候を生かした美味しいレモンの生産で有名な街だ。毎年2月に開催されるレモンフェスティバルでは世界中の多くの人々で賑わう。

マントンでは数多くの種類のレモンが栽培されており、「マントンレモン」は独特の風味と味が特徴。シチリア原産の品種ヴィッラフランカ、ユーレカなど鮮やかな黄色が印象的。柑橘類の庭園「パレ・カルノレス(PalaisCarnolès)」にてこれらの栽培品種のコレクションを見ることができる。

 

 

南フランスのレモン祭

コートダジュール・マントンで毎年行われるレモン祭(フェット デュ シトロン)。レモンやオレンジなどの柑橘類を使った巨大なオブジェが街中を徒歩や車でパレードし、インパクトのあるイエローカラーの芸術作品が野外に展示される豪華なフェスティバル。鮮やかな柑橘類でつくられた数多くの作品が印象的で目が釘付けに。

フェスティバルは毎年2月下旬から3月はじめ頃にかけて行われ、毎回テーマが異なる。ちなみに今年は「インドのボリウッド」がテーマで85回目を迎えている。インド映画をカラフルなモチーフにした個性的な柑橘類の作品が強烈に目を引く。レモン祭はコートダジュールの三大イベントのひとつで、ニースのカーニバル、F1モナコグランプリと並ぶ盛大なお祭りである。

 


「レモン祭の巨大オブジェ2015」動画

 

スポンサーリンク


 

マントンの熱帯地方の庭園文化

マントンは庭園ファンにとっては見逃せない名所も数多い街。気候を生かした亜熱帯植物、柑橘類のコレクションが鑑賞できる。

マリア・セレナの庭園

イタリア国境の前、海の正面にあるマリア・セレナの庭園は1880年頃につくられ、現在はゲストハウスとして使われているヴィラを囲んで大きなヤシの木などの亜熱帯植物が繁栄している。地中海とマントンの旧市街を見下ろすことができる素晴らしい景観。

ル・ヴァル・ラメー庭園

ヴァル・ラメーの植物園はマルタの元知事により1905年につくられ、エキゾチックなキウイやアボカドの木、バナナの木などが収集された。1950年代に植物学的な収集が加わり、南米の熱帯、亜熱帯植物などが追加。色とりどりのハイビスカスやブルグマンシアが豪華に咲く。イースター島の神秘的で非常に珍しい木「ソフォラ・トロミロ」も栽培。壮大な庭園には700種以上の植物がある。

フォンタナ・ローザ庭園

脚本家・作家のブラスコ・イバネーズによって1920年代につくられたフォンタナ・ローザは陶器を使用したバレンシアスタイルの庭園。スペインを思い起こさせるような鮮やかな色が特徴で全体が陶器で覆われている。

「パレ・カルノレス」のシトラスガーデン

柑橘類のコレクションを鑑賞できるヨーロッパで最大規模の庭園。レモンやシトロン、オレンジ、マンダリン、ベルガモット、グレープフルーツなど100種類以上の異なる品種の木が340本以上広がっている。

 


「マントン」イメージ動画

 

スポンサーリンク


 

マントンの太陽とレモンを体感するフレグランス

極上な太陽とレモンを表現したアロマフレグランス。マントンのイメージを体感する柑橘系の香り。南フランスのルームフレグランスブランド「Jean.」は創業者への敬意を込めて南仏の「ESTEBAN」社で製作。現地の情景が思い浮かぶようなイメージ、洗練された香りが楽しめる。

 

 

 

逸品世界のセレクト ”Earthly World”

 

スポンサーリンク


 

「Jean.」フレグランス取扱店

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA