日常の時間を上質にするトルコの極上オーガニックタオル

 

毎日使うタオルこそ極上感にこだわって選ぶ

日常で使うタオルは肌触りが極上なものを選ぶのがベスト。まず朝一に肌触りが良いタオルに触れると気持ちが上がり、一日のスタートが爽快になる。肌に触れた時に「心地良い」など、一日のはじめには至福の瞬間を持とう。

そして午後にスポーツクラブで使う上質なタオルはトレーニングの効果を上げてくれる。気分が上がってトレーニングに打ち込めるので、結果として身体のコンディションアップにつながる。

夜の入浴時には上質なタオルで身体を包むと一日の疲れが癒され、一時のリラックス感がさらに心地よい眠りを誘う。

 

「触覚」を活性化して人生をさらに充実

「触覚」とは皮ふの表面に何かが接触したときに起こる感覚のことで、「心地よい」と感じることでリラックスの神経である副交感神経が優位になり、ベストな行動へと導いてくれる。

本能的感覚で人間が最もリラックスできると言われる、この「触覚」を活性化するとさらに人生が充実する。数十億年前に人や動物が誕生する時は、まず肌を形成するところからがはじまりだったことから、触覚は一番原始的な感覚ともいわれている。

触覚を研ぎ澄ませるのに身近で有効なのが日常で使うタオルやシーツなどのリネン類。日用アイテムであるタオルは、一日を通して触れる機会が最も多いアイテムのひとつ。極上感にこだわって選ぶことが、ライフスタイルを潜在的に充実させるひとつの鍵。

 

スポンサーリンク


 

世界中のコットンタオル愛好家が日常で使用している極上タオル

今回セレクトしたのはトルコの上質なオーガニックタオル。

世界的なタオル発祥の地でもあるトルコの南東に位置するデニズリ。4000年以上のタオル製造の歴史があり、諸外国の多くの宮殿がトルコ産のテキスタイルで飾られ、王様王妃の衣装にもトルコ・デニズリ産が重用されてきた格式高い歴史がある。

世界中のコットンタオル愛好家が、上質な肌触りを求めて日常で使用しているタオル。

この上質なトルコタオルの殆どは、地中海沿岸(エーゲ海)で栽培されたコットンで、繊維が長くとても希少価値があることから、世界の最高級ホテルでも採用されている逸品。

肌ざわりに加えて、特にこだわりたいのはオーガニック素材。世界中で特に環境に厳しい、ヨーロッパ地方のものは肌触りも極上で高品質。

世界的な品質の認証機関も充実しているので、日用アイテムとして環境に厳しいヨーロッパ地方のものは安心でベストな選択。

 

世界的品質の代表的な認証機関

■GMOフリー

環境に厳しいヨーロッパではGMOフリー(遺伝子組み換え作物禁止)の地域が拡大されている。特にトルコでは遺伝子組み換え作物が禁止されている。

■GOTS認定製品

生地、染色共にオーガニックテキスタイルの世界的な基準をクリアした安全な製品。

GOTSはグローバルオーガニックテキスタイルスタンダード国際ワーキンググループの略で、アメリカを本部としてドイツ、イギリス、日本の4か国で形成されている品質認定組織である。

エコテックス認定製品

世界24カ国の研究機関で構成されている繊維製品の国際規格。検査をクリアした製品は有害物質検査済の認証がつく。その中でも最も基準の厳しいクラス1をクリアした製品。

■ISO-9000認定製品

スイス・ジュネーブに本部を置く国際標準化機構で、国際規格を策定するための組織。ISOは国際標準の世界最大の組織であり、国家間に共通した品質規格に基付いた格付けを提供することにより世界の貿易を促進している。

 

「トルコ産オーガニック・バスタオル」取扱いショップ

 

 

ライフスタイルの逸品世界~Earthly World~

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA