本場ベルギーの甘さ「リエージュワッフル」で休憩

 

本場ベルギーの「リエージュワッフル」

ベルギーの代表的なお菓子のひとつとして思い浮かぶ「ベルギーワッフル」。本場のベルギーワッフルは2種類あり、「リエージュワッフル」と「ブリュッセルワッフル」で共に発祥地の地名がネーミングされている。

今回はバターの風味と香ばしさ、パールシュガーの食感が楽しめるリエージュワッフルをセレクト。ブリュッセルワッフルは甘さ控え目で四角い大きめの形が特徴だが、リエージュワッフルは食べやすい楕円形の手頃なサイズで午後の休憩時間にもグッド。ブラックコーヒーや紅茶にも良く合う。

リエージュワッフルならではの特徴として、パールシュガーの香ばしい食感と甘さ。このシュガーは小さい粒のような塊の砂糖で高温に溶けにくい性質を持つため、カリカリ感が良い。ひとつひとつにパールシュガーがふんだんに入っており、バターの贅沢な風味とマッチしている。

 

スポンサーリンク


 

リエージュワッフルの伝説

リエージュワッフルは18世紀後半にリエージュの司教が、パールシュガーを使った高級菓子のレシピの考案を専属シェフに相談したことがはじまりで、シェフはリッチな生地にパールシュガーを混ぜ、バニラを加えたお菓子のアイデアを考えたそう。

司教はこのレシピにより生み出された新しいお菓子をとても気に入り、リエージュやその周辺の街ですぐに広まったという伝説がある。

材料のパールシュガーは17世紀半ば頃から存在しており、当時は非常に高価なものだったため、このシュガーが大量に入っているワッフルはとても贅沢なお菓子だった。

このシュガーの原料はシュガービート(甜菜)。寒さに強い植物で、主にヨーロッパ・北米などの涼しい地域で多く栽培されている。砂糖大根とも呼ばれ、オリゴ糖や殺菌効果もあるといわれるヘルシーな砂糖だ。

 

「リエージュワッフル製作」動画

 

スポンサーリンク


 

リエージュワッフルの発祥地リエージュ

リエージュはブリュッセルから電車で約1時間、南東に100キロ位の位置にあるワロン地区にある、歴史的な地方都市。街では至るところに様々なワッフルのお店が何軒もあり、本場の味を食べ歩き出来る。ワッフルフリークなら定番で行ってみたい街だろう。

リエージュはフランス語圏にあることから首都ブリュッセルとは全く違う雰囲気があり、この街ではワッフルはフランス語でゴーフルと呼ばれている。

ベルギー第4の都市で、あまり観光化されておらず素のベルギーが体感できる街だ。歴史的な宮殿や大聖堂などの建造物の見どころも沢山。リエージュの街並みを一望できる374段の階段があるビューラン山はここに来たら外せない人気の場所。

美味しいリエージュワッフルを味わいながら、絶景のパノラマを眺めてみるのも良いかも。

 

 

 

 

「本場リエージュワッフル」取扱ショップ

 

ライフスタイルの逸品世界 ”Earthly World”

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA