日常で持つ世界的なクオリティーレザー

日常で持つバッグや財布、キーケースなどの毎日のレギュラーアイテムを選ぶポイントは素材感といえる。毎日触れるものだからこそ潜在的な影響も大きく、人生のクオリティー向上に力を貸してくれる存在になる。工程に手間と時間をかけている分、重厚感があり見た目もアップ。

イタリアが誇る最高級レザーのマストロット社

世界一のレザー産地であるイタリアで1958年に創設され、50年以上の歴史がある「マストロット社」。9つの工場と5つの物流施設がイタリアの革地区と呼ばれるアルジニャーノ地方にあり、他の4つの革工場はブラジルとチュニジア、インドネシア、メキシコにあり現在世界中でクオリティーレザーを提供。

牛革製品のみにこだわり、最新のスタイルとデザインのプロジェクトに長け、世界を網羅したファミリー会社である。

マストロット社の革製品はソファーなどの家具や自動車の内装にも使われる丈夫なレザーで撥水性、通気性を備えている。このレザーを使用したバッグなどのアイテムは見た目も優雅なのが特徴だ。しなやかで柔らかく毎日の使用時のストレスも軽減する。

「マストロット・レザー」動画

「マストロットレザー」取扱店をチェック

スポンサーリンク



イギリス製の歴史あるブライドルレザー

200年以上前から存在しているイギリスのブライドルレザーは、イギリスのウォルソールで発祥し、もとは乗馬用のサドルなどの道具に使用するためにつくられた丈夫な革である。耐久性を維持するためにロウを重ねて何度も塗りこむことで表面に独特のビンテージ感、重厚感がでているのが特徴的。

天然のロウを繰り返し浸透させていることにより耐水性もあり、使うごとに経年変化の色や独特の表情を見ることができる。

発祥時は6,000人以上のブライドルレザーの職人がウォルソールに存在したが、現在はわずか30社ほどしか無い。しかし、当時と同じ高水準を保ったブライドルレザーは今も世界中で人気がある。

「ブライドルレザー」動画

ブライドルレザー取扱店をチェック

世界をコアに楽しむ”EarthlyWorld”

スポンサーリンク



All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove