日常の品格を上げる魅惑的な「コードバン」の財布

日常を上質にするコードバンレザー

馬の革からつくられた高級素材「 コードバン」。インパクトのある光沢感が特徴で、加工の工程にもかなりの手間をかけている極上のレザーである。 その並外れた耐久性で、高級な靴や財布などに使われている。

革なのだがシワが全く無いという独特の特徴があり、滑らかで見るからに優美な感じだ。年月の経過と共に光沢が増し、色の変化も味わうことができる。

とても丈夫なこのレザーの秘密は馬の毛穴が肉眼では見えないほど密集した、お尻の部分の革を使用しているところにある。 それも表皮ではなく、表皮と裏面の真ん中の艶やかな、ごく薄い部分のコードバン層といわれる部分だ。

「コードバン」動画

スポンサーリンク



コードバンはなぜ高価なのか

コードバンは材料となる革が世界的に不足していること、それに対する需要の高さで現在も世界中で価格が上昇している。加えてなめしなどの加工の工程が非常に複雑で時間がかかることが更にコストを上げている。

革のなめしは6か月ほどかかり、後の染色も非常に難しく、数少ない職人の手によって更に時間と手間をかけ完成するのだ。

色合いは茶色、黒、濃いブルゴーニュ色でよく見られるのだが、日本に世界一といわれるコードバンの染色技術、アニリン染めの技術を持つ工房がある。特に鮮やかなグリーン色に染められた財布は、コードバンフリークには希少なものだろう。

「コードバン」取扱店をチェック

コードバン名称のルーツの地、スペイン・コルドバ

「コードバン」の名称はスペインのアンダルシアにあるコルドバ市から由来し「コルドバから」という意味。この地方にコードバンに似た光沢のある山羊の高級革を昔コードバンと呼んでいたことからきているらしい。

コードバンの名産地ではないが、やはり革製品が有名で「コルドバ革」という革の種類もあるほどでお土産も豊富。現地へ行けば革職人の実演なども見ることが出来る。

世界をコアに楽しむ”EarthlyWorld”

スポンサーリンク



All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove