日常で使うイタリア職人バック「ジャコモ・バレンティーニ 」

 

オロビアンコのデザイナーが立ち上げた極上ブランド

日常で使うバックはこだわりを持って選びたいもの。デザインや色、使い易さなどの感覚が毎日の気分に影響されることは確か。まず第一印象が良いデザインは毎日のパートナーとしても相性がグッド。

今回セレクトしたのは独創的なイタリアンバッグで有名な、オロビアンコのデザイナーが2016年に立ち上げた「ジャコモ・バレンティーニ 」のバッグ。ジャコモ氏は1996年にイタリア・ミラノにてオロビアンコを創業後、20周年の節目に自身の名前で新ブランドを創設。

強さの象徴である動物、ブラックパンサー2頭とゴールデンイーグル1羽に、ジャコモ氏のイニシャルGVが囲まれたオリジナルロゴが特徴で、すべての製品に二重鍵のモチーフの刺繍が施された黄色い布リボンが付いている。刺繍の二十鍵はすべての扉を開くという意味で、布リボンの黄色いカラーは光やエネルギーを呼ぶ意味を込めている。

スポンサーリンク


 

イタリア職人の伝統とこだわりが詰まった逸品

バッグはすべて熟練したイタリア職人のハンドメイドで、厳選された異素材の組み合わせが特徴的。

伝統のイタリアンレザー、イタリア一流生地メーカー・リモンタ社のナイロン、そして日本の酒袋から由来したオリジナルのジャックキャンバス地は使い込むごとに良い味わいに馴染んでいく。ひとつひとつのパーツも全てオリジナルでジャコモ氏のこだわりを感じる逸品。

そしてイタリアン仕様のカラーが毎日の気分を上げてくれる。自らの名前をブランド名にしたことでジャコモ氏の特別な思い入れと、彼のノウハウ全てを集約したオロビアンコよりひとつ上の極上バック。

 


「ジャコモ・バレンティーニ 」プロモーション動画

 

「ジャコモ・バレンティーニ 」取扱い店

 

 

 

ライフスタイルの逸品世界 ~Earthly World~

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA