本格的な冬に選ぶスコットランドのクオリティーマフラー

首に巻くだけで決まるスコットランドの上質マフラー

新しい年が明け、お財布などの小物をリニューアルするのは定番だが、このタイミングで身につけるアイテムを一新するのも良いだろう。今回は、首に巻くだけで決まる上質なストールマフラーをピックアップ。

ワンランク上の防寒アイテムを身につけることで、今年一年のエネルギーをアップしよう。

ドレイクス【DRAKE’S

ドレイクスはイギリスのイーストロンドンにてミハエル・ドレイクス氏により「リラックスした優雅さ」の哲学を基に1977年に設立されたメンズアパレルブランド。元々はスカーフやショール専門のメーカーで独特の色彩とパターン、古典的で高いクオリティーに注目。

ストールはウールとアンゴラ混紡素材だが、カシミヤに匹敵する肌触りの良さは折り紙付きだ。

現在はクリエイティブディレクターのミッシェル・ヒルによりリラックスした優雅さのイメージを完全に具現化している。イタリアやスコットランド、イギリスのサマーセット州に工場を置き、絶妙なアイテムを送り出している。

 

 

 

「ドレイクス」動画

 

スポンサーリンク


 

ベグ【Begg & Co 】

スコットランド製の「ペグ」のカシミヤマフラーはモンゴルとその周辺の上質なカシミヤでつくられる。柔らかさと深みのある艶感がカシミヤストールの王道といった感じだ。首に巻くだけで深みのある立体感を演出し、いつものコーディネートをワンランク上に見せてくれるような存在感がある。

さまざまな地域のカシミヤの糸タイプをセレクトして組み合わせ、原料の繊維の細さが15~16.5ミクロンのより細いものを使用することにより空気を含ませているのでより暖かく、そして非常に柔らかい。加えて非常に軽くて耐久性がある。

創業から150年以上の経験を持つ「Begg & Co」は、スコットランドの第二の都市、ペイズリーに1866年に設立。創業者はアレックス・ベグで創業時は信頼できる地元の職人達で当時最先端だった美しいウールのショールを生産し、現在まで熟練した職人チームにより品質をキープしている。

ちなみにペイズリー市は、19世紀のビクトリア時代にペイズリーのショールがこの地で大量につくられたことから、ペイズリー柄という名前の発祥地でもある。当時のペグ社が作成したペイズリー柄のショールはとても希少なもので、そのうちの1枚はスコットランド・ペイズリー市にある「ペイズリーミュージアム」に展示されている。

スコットランドの壮大な自然を連想させる上質なストールマフラー。デザイナー達は映画に出てくるような豊かで美しい空や湖、山々がある環境でインスピレーションや想像力を研ぎ澄ませている。 

 

 

 「ペグ」カシミヤマフラー取扱店

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

イタリアの一流生地メーカーのカシミヤストール

コロンボ【COLOMBO】

コロンボはイタリアのファブリックメーカーでカシミヤなどの高貴な生地を生産している世界的なブランド。生地メーカーならではのしっかりした素材感と上質な肌触りが特徴だ。

ストールのカシミヤ素材はヒマラヤの最もアクセスしにくい地域で7,500年以上にわたり現地アジアの人々に育てられてきた、ヒルカスというカシミヤヤギの羊毛からつくられている。

カシミヤ羊毛は毎年6月にコーミングによって集められるが、各動物からは直径約15ミクロンの繊維が年間数百ミリグラムしかとれないほど希少な繊維を採用。

創業者のルイージ(Luigi)は、非常にカリスマ的な芸術家、探検家であり、はじめから非常にニッチな高級素材に注目していた。正式名は「Lanificio Luigi Colombo」で高度な技術と伝統的な職人技を何世代にもわたって受け継いでいる。

製造プロセスは、イタリアのピエモンテ州のボルゴセージア、ゲンメにある歴史的な工場でおこなわれている。各製品は最高レベルの品質を保つために、コロンボファミリーの綿密な監督の基に送り出されるクオリティーの高い逸品。

 

 

 

 

 

日常をコアに楽しむ世界セレクト”Earthly World”

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove