カリブ海「シーアイランド・コットン」の極上の肌触り

肌触りで選ぶ世界的なコットン

衣服やタオルなど肌に直接触れる肌触りの良い素材は、日常生活のストレスを軽減させてくれる。その日の疲れ具合も格段に違ってくるのは間違いない。

今回セレクトしたのはカシミアのような極上な肌触りのプレミアムコットン。それがカリブ海・西インド諸島の限られた地域でのみ栽培されている希少な「シーアイランド・コットン」。

日本では「海島綿」と呼ばれ、その触感の極上の心地よさから世界中のリピーターに支持されている。そして全世界の70パーセント以上のシェアを持つ最高級綿で、一般的な綿に比べて元の繊維が圧倒的に長いのが特徴である。

これは「超長綿」と呼ばれ、綿花の繊維の長さが平均して35ミリ以上の希少なコットンで、生地にしたときに手触りが抜群に良くシルクやカシミヤのようになる。シーアイランド・コットンは綿花自体の質も良く世界で最も有名な超長綿。

やはり世界的にクオリティの高さが認知されているコットンだけあって一度着るとその心地よさに手放せなくなるような魅力がある。

その中でも「ホールガーメント」という、海島綿のニットウェア(レディースのみ)は縫い代が全く無いために一日をストレス無く過ごさせてくれるとても快適なアイテム。海島綿でつくられたタオルは日常に取り入れたい極上の逸品。

 

海島綿Vネック半袖プルオーバー

 

スポンサーリンク


 

海島綿バスタオル

シーアイランド・コットンが生まれる美しい西インド諸島

シーアイランド・コットンが栽培されている美しい西インド諸島の中のひとつ、アンティグアは山と珊瑚で出来た美しい島。首都はセントジョンズで主にクルーズ船による観光が楽しめるリゾートアイランド。何と365箇所ものビーチがあり、海好きにはたまらない場所でもある。

 

 

 

ライフスタイルの逸品世界~Earthly World~

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA