『マイケル・グレイヴス』がデザインした福岡のホテルで休息

 

 一世を風靡したポストモダン建築のホテル

アメリカを代表する建築家、マイケル・グレイヴス。近代的なモダニズム建築に対し、1980年代に流行したデザイン性や装飾性を強調した「ポストモダン建築」を代表する一人。

個性的でモダンなホテルの外観、各部屋の家具やインテリア、カーペットに至るまでマイケルのプロデュースによる演出の「ハイアットリージェンシー福岡」。室内は白を基調とした落ち着きのある心地よい空間。マイケル自身のデザイン性と居心地がうまく融合した世界があり、極上のリラックスを体感できる。

 

スポンサーリンク


 

リネン類の気持ちよさに癒されるホテル

チェーンのビジネスホテルは定番だが、たまにはワンランク上のおもてなしを感じるホテルに仕事で泊まってみるのも良い。部屋の居心地はもちろん、特にベッドシーツの真っ白いリネンの極上の肌触りと心地よさにはホッと癒される。睡眠時の極上の気持ち良さは疲れを吹き飛ばしてくれる。

「触覚」とは皮ふの表面に何かが接触したときに起こる感覚のこと。「心地よい」と感じることでリラックスの神経である副交感神経が優位になり、良い眠りへと導く。

五感のうち、睡眠中に残っている唯一の感覚は触覚だけ。浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠があるが、レム睡眠の時は触覚は働いている。「心地よい」という本能を開かせておくことができるので睡眠時の上質なタオルやシーツなどのリネン類は特に有効。

ホテルには眺めの良い景色やインテリア、上質で美味しい朝食など感性を刺激する要素が揃っている。たまには普段は利用しない極上ホテルに泊まってリラックスし、五感を癒そう。

 


「ハイアットリージェンシー福岡」予約サイト

 

 

逸品世界のセレクト “Earthly World”

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA